逆援助で夢を叶える男子が急増中!上手な逆援助とは?

「パパ活」という言葉が流行して久しいですが、「逆援助」は耳にしたことがありますが?
まさにパパ活の反対で若い男子がデートなどの見返りに女性の援助を受けていくわけですが、これって誰にでも可能なことでしょうか。
上手に逆援助を行うコツをご紹介します。

そもそも逆援助とは

逆援助とは主に女性から金銭的な支援を受ける男性の活動を言いますが、所謂ヒモ生活とは何が違うのでしょうか。

自分の仕事は持っている

逆援助男子は基本的には仕事を持っていたり、将来の夢に向かって頑張っている学生さんです。
つまり何にもしないでプラプラしているわではないのでヒモ男とは違うのです。

逆援助相手はくまで協力者

逆援助における「逆援助相手」はあくまで男の子の夢を叶えるお手伝いをしている体です。
なのでヒモのように過度に依存してくる男の世話をしているわけではないので、女性側のストレスも少ないのです。

逆援助が可能な条件

逆援助なんてやろうと思えばだれにでも出来るだろうと思っていたら甘いです。
しっかりとしたビジョンを持っていなければそうそう逆援助は上手くはいきません。

逆援助をするなら押さえておきたいポイント

逆援助は女性から支援を受けるわけですので、支援を受けるにふさわしい男でなければなりません。
最低でも下記のポイントは押さえてください。

  • 自立はしている
  • 夢を語れる
  • 女性の立場に立てる
  • 性欲を出し過ぎない

逆援助相手に迷惑をかけてはいけない

セックスをするだけであれば不倫と変わらないわけで、逆援助においては金銭的なやり取りが絡んできます。
だからこそ割り切りが必要ですので過度な依存で逆援助相手に迷惑をかけてはいけません。

逆援助は男性側にもメリットが多い

逆援助をする女性の心理は、若い男の子の力になることに喜びを感じる状態ですので自分で可能な限りの支援はしてくれます。
つまり気に入られてさえいれば安定して支援を受けることが可能で、これはメリットでしょう。

主導権は女性にある

支援させてやるといった俺様系ホストのような付き合い方もありますが、基本的に逆援助の主導権は女性側が握ります。
そのためある程度は奉仕精神をもって接する必要も出てきます。

コツさえつかめば大丈夫

逆援助のコツは女性の性欲を満たすことではなく、母性本能を満たしてあげるということです。
過剰でなければ多少甘えるくらいの方が喜ぶ女性も少なくありません。
相手の性格を熟知して挑めば効率的に支援を得られるでしょう。