セフレを作るのに向いている性格・向いていない性格

セフレが欲しいと思っている男性は世の中には多くいるでしょう。
しかしセフレを作るのに向いている人と向いていない人がいます。
これは見た目などの問題ではなく、性格の向き不向きです。
どうしてもセフレが欲しい人はこの記事を参考に考え方を変えてみてください。

罪悪感を感じるか

セフレとの関係に罪悪感を感じているようではセフレ作りにはまったく向いていません。
相手の女性だってわかってやっているので、相手に対して罪悪感を感じることはむしろ失礼です。
彼女がいたとしても、セフレは浮気とは違うと言いきれるくらいの気概を持っていないとセフレ作りには向いていません。

罪悪感は挙動不審を招きますので、彼女や周囲の人にバレる原因となります。
罪悪感も刺激の一つとして受け入れられないようではセフレを楽しむことはできません。

独占欲が強い

女性に対しての独占欲が強いとセフレとの関係は苦しいものになるでしょう。
あなたにセフレを束縛する権利は一切ありません。
複数のセフレがいる女性も珍しくはありませんので、他の男性に対して嫉妬をするようではやっていけません。
セフレはみんなで楽しむというくらいにオープンでなければいけません。

気が遣えること

セフレ作りで最も重要なのが気遣いです。
恋人でもないセックスするだけの女性に対して気遣いなど無用と考えているようでは話になりません。
セフレでも女性は女性です。
しっかりと気を遣って労わるべきところは労わらなければなりません。

夫や彼氏がいる相手ならば気がつかれないように注意を払わなければなりませんし、悩みがあってセフレに走る女性に必要以上の干渉はご法度です。
空気を読んで相手が求めている関係に徹することができることがセフレ作りには大切です。

セックスだけの関係だからこそ、許された範囲内で誠意を見せる必要があるのです。

セフレはセフレとして付き合えること

セフレを作ったり関係を維持するには、セフレはセフレだと割り切って付き合えることが大切です。
適度な距離感を保ち、自分の心にも折り合いをつけなければなりません。
容姿やセックステクニックも大切ですが、程よい人間関係を築けることはもっと重要です。
そのことを心掛ければあなたにもセフレを作るチャンスは十分ありますよ。